flat screen monitor showing color bars

さて今回はCNNテープのお話。もちろん大手メディアには一切取り上げられていませんが、ネット界隈ではかなりホットな話題になっていますね。

CNNテープとは、ジャーナリストの@JamesOKeefeIIIが立ち上げたProject Veritasというプロジェクトにおいて、CNNの上層部らの会議を録音し暴露したもの。この暴露はここ2日前から開始されており、今ネット界隈で大変話題になっています。このジェームズさんフォロワーが既に100万人を超えています。

プロジェクトベリタスはジェームズ・オキーフによって設立されました。プロジェクトベリタスの使命は、より倫理的で透明な社会を実現するために、公的機関と民間機関の両方で汚職、不正行為、自己取引、廃棄物、詐欺、その他の不正行為を調査し、暴露することです。

Project Veritas@Youtube

暴露した録音内容は、Project Veritas@Youtubeで確認することができます。この中の動画の#CNNTapesというのがそれですね。

Scivanも少し聞いてみました。CNNが出している実際の記事を見ていても明らかではありますが、会議の中では、完全にバイデンを大統領選で勝たせるため、トランプに不利になるような記事を作るための作戦を練っています(たまたまバイデンに有利な記事が多かったという言い訳はもうできないということです)。

メディアが報道を通じて社会を世論を動かしているという「都市伝説」はこのCNNテープでついに「ファクト」としてはっきりと暴露された形になります。

今まではそうなの「かも」であったことが、はっきりしたという点で、これは今後のメディアの在り方を含め、社会の大きな転換点になります。

Scivanは、メディアが世論を動かそうとすることに、別に問題があるわけではないと考えています(公共の電波を使っているという点では問題があるのかもしれませんが)。メディアにお金を払ったり利益供与をする「スポンサー」がある限り、「中立」というのはあり得ないということなのです。

問題なのは、メディアが「中立的な」立場で報道していると信じている人、メディアの言うことが全て正しいと信じている人が世の中にまだ大多数いることです。

ただ、米国ではトランプのたびたびのフェークニュース発言からメディアの中立性を疑う人が増え、このCNNテープによってメディアに中立性などそもそも存在しないということを多くの人が知ることになったのです。

これからCNNをはじめ従来メディアはおそらく廃業することになるでしょう。従来メディアだけでなく、都合のよい検閲をするSNSもその勢いをなくすことになるでしょう。

代わりに、多くの人たちの本当の役に立つ、「お金のしがらみ」から独立した、新しいビジネスモデルを持つメディア、SNSが今後必ず出てきて台頭するはずです。このCNNテープはメディアビジネスの新陳代謝の大きなきっかけとなるでしょう。

最後までお読みになった方、有難うございます。ここ(人気ブログランキング)を押して応援ください!

それでは!