gold mosque during sunset

さてトランプと仲が悪いイランにおけるメディアの米国大統領選に関する反応の話。

高須先生がRTしているのはイランのタスニム通信というメディアのようです。

イランとしてはトランプに大統領になってもらっては困るというところ、イランのタスニム通信は「8000万人のアメリカ人がジョーバイデンに投票することは不可能」とツウィートしている。すなわちトランプを擁護している形です。

タスニム通信(Tasnim News Agency)は、2012年に発足したイランの民間通信社です。イラン革命防衛隊(IRGC)と強いつながりがあります(Wikipedia)。

イラン革命防衛隊のトップ(司令官)は米国の空爆で今年の1月「トランプ大統領の指示」で殺害されています。それでもトランプを擁護している形なのです。

このことから、タスニム通信は、真実を報道する「正直もの」のメディアなのか、それともバイデンになるともっとやばいから阻止したいということなのか・・・。

イランといえば、今年の1月に、ウクライナ航空機を「人的ミス」で撃墜をイラン政府が正直に認めたニュースがありました。本当に正直ものなのかも?

最後までお読みになった方、ここ(人気ブログランキング)を押して応援ください!

それでは!