landscape nature sky person

こういうの好きなので取り上げました。

  • アメリカ・ユタ州野生生物資源部の担当者らが11月18日、上空から興味深い物体を見つけた
  • 公安局のヘリコプターでオオツノヒツジの頭数を数えていた担当者らが発見したのは、鋼でできた三角形の柱
  • 高さは約3〜3.6メートルあり、砂岩でできた渓谷の地中にしっかりと埋められていた
  • 柱はNASAの位置確認装置のような科学的な目的を持ったものだろうと考えたそうだ。しかし最終的には、アート作品ではないかという結論に達した

動画もありますが、もしアートだとしてもこんな野生動物しかいない荒野によく作ったものです。作者は誰も気づかない間、一人でわくわくしていたのでしょうか。作って何年目に発見されたのかはわかりません(見た目は新しい感じがします)が。

なお、この柱はスタンリーキューブリックの「2001年宇宙の旅」で出てくるモノリスと似ているということです。映画の中でのモノリスは以下とのこと

  • 「大昔に宇宙のどこかの知的生命体が、ある実験のために作った超高性能な機械」
  • その実験とは、「宇宙のあらゆる惑星にいる生命体の、精神(心)の発現を促す」という、とても壮大なもの
  • この実験を始めた種族は、宇宙で最初に知性を持った種族(ファーストボーン)と呼ばれている

最後までお読みになった方、ここ(人気ブログランキング)を押して応援ください!

それでは!