universal serial bus on bitcoin design

どうもこんにちは。定期的にBlogも更新できればと思い、TwitterでRTしている記事を中心に、気になったものを「軽く」深堀するコーナーを作りたいと思います。

今回はこちらのRT。

こちらの記事にもう少し詳細に書いていました。概要は以下。

  • 30社を超える実験参加企業
    • 3メガバンク(三菱UFJ、みずほ、三井住友)
    • 通信会社(NTT、KDDI)
    • 証券会社(野村)、電力会社(関西電力)、交通(JR東日本)、保険(大同生命保険)
    • 小売業者 等
  • IIJ参加の仮想通貨取引所「ディーカレット」を中心として立ち上げた協議会を母体として設立
  • 様々なプラットフォーム(デジタル通貨)を相互に互換性のあるものにするための枠組みを作る
  • 企業間の大口決済や取引で使用できるように構想
  • 決済基盤にはブロックチェーンを活用

仮想通貨取引所のディーカレットが今回の発起人のような形でしょうか。このニュースから読むと、「B2B」のビジネスを志向している感じですね。例えば、推測の域ではありますが、以下のようなサービスを展開するのかもしれません。

①B2C市場ですでに展開されている〇〇ペイや××ペイなどの間に入って、ブロックチェーンを介して価値移転をするサービス

②まだブルーオーシャンのB2Bの取引を仮想通貨で可能とするプラットフォームサービス

①、②で発生する手数料を仮想通貨取引所である「ディーカレット」がもらうというビジネスモデルになるのかもしれませんね。

最後までお読みになった方、ここ(人気ブログランキング)を押して応援ください!

それでは!