新型コロナウイルス接触確認アプリは成功するか?

久しぶりです。国内では、第1波が落ち着き、普段通りの生活に戻っている人も多いのではないでしょうか。

第2波を抑えるために、現在国が開発している「新型コロナウイルス接触確認アプリ」の概要が厚生労働省のウェブページに掲載されています。

6月中旬リリースということでもうそろそろですね。

今日はこのアプリについてみてみましたのでその説明と感想について述べたいと思います。

まずアプリが何をするかです。このウェブページの解説をみてもかなりわかりにくく、簡単にまとめてみました。

新型コロナウイルス接触確認アプリの概要

①新型コロナウイルス陽性と診断された人のうち、アプリへの情報提供を「同意」した人は保有しているスマートフォンにその持ち主が新型コロナウイルスになったという情報が紐づけられる。その情報に基づき「過去14日間」にその人(スマートフォン)と近接接触した人に通知が届く(②)

②アプリをインストールしたユーザーは、①のスマートフォンと「過去14日間」で近接した状態(概ね1メートル以内で15分以上)が続いた場合、「感染者と接触しました」と通知がくる(接触判定にはBluetooth通信機能を使うため、GPS位置情報の取得はしない。誰とどこで接触したかの情報は誰も把握していないし提供もない)。

③通知がきたユーザーは、自らまたは身近なものにコロナの症状があるかをアプリで問診され、その場合には検査受診が案内される。(症状がない場合は、14日間体調の変化に注意となる)。

新型コロナウイルス接触確認アプリのプライバシー保護は?

さてこの仕組みはどうなっていのでしょうか。

過去14日間のどの端末とどの端末が接触していたか10分毎Bluetooth(近接)通信によって把握し、その情報(接触符号)は各ユーザーを「端末内」で保有するとのこと。国のサーバーは感染者が確定した場合、その人の接触符号を各アプリに配信し、その接触符号と端末に保存されている接触情報が合致した端末を保有している人に通知がくるという仕組みです。

プライバシー保護の観点から、「位置情報」の取得はせず、「個人情報」は感染情報と紐づける形での取得はしないということです。また、接触情報は14日間後にすべて消去されるとのこと。

プライバシーに非常に配慮している優れた設計だと思います。特に「位置情報」を取得しないと割り切った点、感染していない人については、自分の端末内でしか情報が記録されない点は評価できるかと思います。

成功するか?課題は?

成功するかどうかはアプリを入れる人がどこまで増えるかですね。プライバシーを侵害する国が人の行動を監視するなどいろいろと誤った情報が流れる(今もだいぶん流れていますが)とおそらく使う人は限られるでしょう。厚生労働省の説明では、正直わかりにくく、普及はしないですね。マスコミなどで正しくわかりやすく説明されるかが鍵ですかね。

あとは、端末側で接触情報蓄積と、マッチング計算もすると思いますので、アプリが重くならないか、スマートフォンの電池の持ちなどが気になるところです。

最初は国が開発するということで、なんか怪しいなと思ってはいましたが、プライバシーに関してなかなかよく考えられたアプリだとは思いますのでScivanも人柱として使ってみたいと思います。