新型コロナウイルス 本当の日本の致死率と感染者数

どうもScivanです。

以前の記事でも少し触れましたが、新型コロナウイルスの日本における「致死率」は現在進行形のため、最終確定はできません。また、感染者数についても、特に日本では正確に把握できていないので本当の数はよくわかっていません。ここでは本当の日本の致死率と感染者数を議論してみたいと思います。

WHOの致死率が上がったわけ

WHOでは、2月20日までに中国で感染が確認された5万5,924人のうち、死亡したのが2,114人であったため、致死率は3.8%としています。

この2,114人のうち、さらに時間がたてば死亡してしまう人も一定の割合はいるはずなので、この5万5,924人を対象とした致死率は3.8%より今後上がる可能性はあります

日本の感染者の状況は以下です。2月29日時点で感染者数230名のうち、死亡5名ですので、現時点の致死率は2.2%です。

しかしながら、入院(重症)22名のうち、20%の4名が今後死亡してしまったら、感染者数230名のうち死亡9(5+4)名になりますので、致死率は3.9%となります。

このように新型コロナウイルスは現在進行形であり最終的な死亡者数が確定していないので、足元の死亡者を感染者で割った致死率は低めに出てしまうのです。

当初WHOは致死率2.0%程度と言っていましたが、今回3.8%としたデータの背景にはこの理屈があるからです。ただし、中国の場合は、感染者が出てからだいぶん経っているので、致死率はおおよそ収斂してきたようにもいます。すなわち拡大がはじまったばかりの他の国の足元の致死率をみるより、先に進行している中国の致死率を参考にしたほうが良いということです。

致死率は人口年齢構成によって変わる

また、死亡率は年齢で大きく異なるため、人口年齢構成によって致死率は大きく変わります。詳細は以前の記事「日本における新型コロナウィルス死亡率予測 中国2.3%よりさらに大きく」をご覧ください。高齢者の多い日本では、致死率が中国よりさらに大きくなる可能性があるということです。

致死率は報告される感染者数に依存

もう一点致死率をややこしくしているのが、そもそもの「感染者数」が正確に把握されていないということです。例えば、以下に日本の検査数と感染者数を示します。

2月29日までに累計2,339人を検査して230人感染者が出たということです。この点について詳細は「日本の感染者過少評価の理由」で書きましたが、正確な感染者数という意味では明らかに過小評価されていると考えられます。

日本 新型コロナウイルス検査数と感染者数、
感染者割合(感染者数/検査数)

例えば、昨今感染者が急増した韓国では、2月29日時点で累計「85,692人」(日本の37倍)を検査して2,931人感染者が出たと言っているのです。日本も仮に韓国並みの37倍の人数を検査すれば、今報告されている感染者230人の37倍の8,510人の感染者がいてもおかしくありません。

ただし、もし日本に8,510名感染者がいるとすれば、日本では5人が亡くなっているので致死率は「0.05」%になります。今後致死率は増加するとはいえ、少し少なすぎます(なお日本の死亡者数は流石に正確なデータであるという前提です)。

日本 新型コロナウイルス検査数と感染者数、
感染者割合(感染者数/検査数)

致死率から見える日本の本当の感染者数

ちなみに韓国の致死率は、2月29日時点で感染者数3,150人中※死亡者数17人ですので、「0.5%」です。もちろんこれも時間経過とともに死亡者数が増えるため、致死率はさらに増加します。(※WHOデータであり上記グラフと少し異なります)。

日本も韓国も同じ時期に中国からの新型コロナウイルスの侵入が始まったと考えると、日本の「現在」の本当の致死率は韓国と同様の「0.5%」程度の可能性があります。そこから逆算すると、日本には2月29日時点で5人の死亡者がいるため、1,000人程度の感染者が出ているとみてもよいのではないでしょうか。

現在までの中国以外の感染者数(あくまで報告ベース)推移を以下に示します。これでみると日本はがんばっているようにも見えますが、もし、日本の感染者が2月29日時点で1,000人いるとするならば、実は韓国の次に既にパンデミックが始まっている可能性があります。

新規コロナウイルスの感染者数(中国以外)推移

日本の本当の致死率と感染者数まとめ

まとめると、以下のとおりです。

日本の本当の致死率

・日本の最終的な致死率は先に収斂してきている中国の致死率を採用するのが妥当。すなわち日本でも3.8%程度、ただし、日本は中国より高齢者が多いため、さらに大きくなる可能性が高い。

日本の本当の感染者数

・韓国は日本と比較して37倍という大量の検査を行っており、韓国の感染者数が正確だと想定し、韓国の足元の致死率が日本と同じと想定した場合、日本の2月29日時点の本当の感染者数は1,000人程度となる。

※コメントお待ちしております

普段しているコンサルティングの現場では、顧客において「人を動かす」ことや「意思決定をしてもらう」ことが必要という観点から、「結果」ありきでロジックを作ることが正直ありますが、本Blogでは顧客もいませんので、できるだけ「客観性を担保した分析」を行っているつもりです。

ここが違うんではないかとか気軽にご指摘頂けますと、励み、および今後の品質向上につながりますので、是非いろいろコメントや議論、読んだ感想など頂ければ有難いです!